ビタミンC

水溶性で取り溜めがきかないビタミンCを効果的に体内に取り入れるには、コスメサプリメントなどで油分と結びついた吸収が6倍にもなるサプリメントがお勧めです。ビタミンCの摂取くらいで肌に変化が起きるとは思えにないという方は、実際にビタミンCサプリメントを使った時のお肌の劇的な変化に驚かれることでしょう。紫外線に長時間さらされた肌はダメージをまぬがれませんが、コスメサプリメントでは体内からの回復を促すことができます。酸化を留めることが、美容では重要ポイントです。最近話題になっているのは、ポリフェノールです。緑茶やココアなどに含まれています。ビタミンCと比較すると400倍も酸化に強いと言われるのはαリボ酸です。コスメサプリメントをビタミン C やビタミン E と一緒に配合すると抗酸化力が長時間持続するといわれています。コスメサプリメントを摂取することで、加齢現象を作っている活性酸素を壊す効果が期待できると言われています。老化を招く要素として、糖分の取り過ぎが挙げられます。体内の糖分は、肌を老化させる根源です。糖分は、酸素と同じように生きていくのに大切な成分ですが、多量摂取によりいろいろな弊害があります。肌のみずみずしさや弾力性を保つコラーゲンが固くなり、なめらかさが失われてしわやたるみが増える要因を作ってしまうのです。αリポ酸というコスメサプリメントによって、老化を阻止することができます。

サプリメント

サプリメントを効果的に使うためには、しておきたいことが色々とあります。どんな基準でサプリメントを選べばいいかは、サプリメントに含まれる成分を知るのと同じくらい大事なことです。サプリメントは成分の保存性や体内への吸収率を良くするため、飲むものやタブレット型など色々なものがあれます。サプリメントの形状を保つために、多かれ少なかれ添加物が使用されています。サプリメントに使われている添加物は商品によって多岐に渡り、複数の添加物が使われていることもあります。保存料、着色料、発色剤、酸化防止剤、漂白剤だけでなく、防カビ剤や甘味料を含むこともあります。体内に添加剤を取り入れてもトラブルはないとは言われていますが、サプリメントに必ず必要な添加物ばかりということではないといわれています。本来は体内に入れたくはない添加物まで、サプリメントの有効成分と共に吸収してしまうケースもあります。サプリメントの差は、製造過程からできる場合もあるようです。サプリメントの原材料は、天然由来と合成由来のものが存在します。自然界に存在する植物や動物から作ったサプリメントが天然由来のものであり、合成のサプリメントは化学合成物質から作ります。効果において両者の違いが少ない栄養素もありますが、ほとんどの場合、効果において大きな差があると考えられています。天然成分から作るサプリメントか、合成成分から作るサプリメントか、納得のいく効果を得られるサプリメントを探す時は必要な確認項目であるといえます。

フォトフェイシャル

1988年、アメリカの医療関係者が確立した技術が、皮膚科で行われているフォトフェイシャルです。ポラリスという美容施術で効果を得ている人がいます。ポラリスとは医療用のレーザーの一種で、しわやたるみなどを改善してくれるものです。ダイオードレーザーによる、光エネルギーと高周波のエネルギーの二つの種類のエネルギーをあわせて皮膚に照射します。年齢と共に失われがちなコラーゲンを作るパワーをアップさせることがコラーゲンの特性です。コラーゲンは体の中で作ることができ、真皮層や骨だけでなく、体内の様々な部位に存在します。コラーゲンが体内で欠乏気味なると、肌にシワやたるみができやすくなるようです。シワやしみの解消、弾力性の回復などの美肌効果は、ポラリスでコラーゲンを作る作用を高めることが大事です。ポラリスはレーザー光での施療になるので、肌に傷をつけることは全くありません。治療に入院は不要で、ポラリスを受けた後にすぐに化粧もできます。副作用はほぼないといってもいいですが、これは肌の元々持っている作用で美肌を行うためです。ポラリスの美容効果はコラーゲンが増すことによるので、違和感なく肌の引き締めができるといいます。ポラリスの効果はダウンタイムがないので、誰にも知られずにきれいになれ体へ負担が少ないのも魅力の一つです。

サプリメント

様々なダイエット方法がありますが、この頃はダイエットサプリメントを利用して体重を減らそうとする人が増えています。

元来、サプリメントは食事だけでは足りない栄養の補給に使います。健康維持のほか、美容などにも役立つアイテムなので、サプリメントの人気はどんどん増すばかりです。ドラッグストアやスーパーでは、ダイエットサプリメントだけでも種類が豊富です。しばらく前に、摂取したカロリーが脂肪として定着しないようにする栄養成分を含むサプリメントが注目を集めました。
通常、食事から摂った脂肪分は体内に吸収され、肝臓のほか皮下脂肪として蓄積されます。使われなかった脂肪が体内に残らず、脂肪にならずに身体の外に出て行くようにする作用があるダイエットサプリメントが販売されていました。今でもダイエット効果のある成分が配合されたダイエットサプリメントがたくさんあります。

ただし、サプリメントは健康補助食品であり、医師から処方される薬とは違います。効果には個人差があり、即効性があるとは限りません。薬では無いので医学的な効果が実証されているわけではないようです。医学的な観点から見ても確実にダイエットの効果があるとは言えません。食事の見直しや運動の習慣と共に、ダイエットサプリメントを使うようにしましょう。サプリメントだけでダイエットができるわけではないので、主体は運動やカロリーコントロールに置いてください。

蟹の慣用句

蟹の念仏
蟹の念仏(かにのねんぶつ) 蟹が口の中でぶつぶつ泡を立てるように、くどくどと呟(つぶや)く様子。
蟹は甲羅に似せて穴を掘る
蟹は自分の甲羅の大きさに合わせて穴を掘るものだということから、人は自分の力量や身分に応じた言動をするものだということ。また、人はそれ相応の願望を持つものだ。
蟹の爪がもがれたよう
爪はカニにとって武器であり、餌を採る大切な手だが、それをもがれたという状態から、頼りを失い呆然自失の様をいう。
うろたえる蟹穴に入らず
穴もぐりの名人といわれるカニも、慌てふためくと、自分の穴がどこにあるのかわからなくなる。という意で、冷静に物事に対処しないと、適切な判断や行動が出来ず失敗するという意。
蟹の穴入り
カニが慌てて穴に逃げ込む様子から、慌てふためく状態をいう。
蟹の死にばさみ
カニがいったん物を挟むと、爪がもげても放さないことから、欲深さや執念の深さを例えていう。
後這う蟹が餅を拾う
いつも「鵜の目鷹の目」でせかせかしていなくても、思わぬ幸運に行き当たることもある。という意で、人の運、不運を例える。
蟹の横這い
単に横に移動するという意味にも使うが、貴人に顔を向けたままで横に移動する様子をその様に言う場合もある。この言葉が諺として使われる時は「人目には奇妙に見えても、自分には適したやり方」と「物事が奇妙に横にずれていくこと」という二通りの意味がある。

かに

カニ(蟹)は、十脚目短尾下目(たんびかもく、Brachyura、別名:カニ下目)に属する甲殻類の総称。タラバガニやヤシガニなどは十脚目異尾下目(ヤドカリ下目)に属するが、これらも漁業・流通等の産業上、「カニ」として扱うことがある

淡水域 – サワガニ、モクズガニ、チュウゴクモクズガニ、ヤマガニ
川辺や海岸近く – アカテガニ、ベンケイガニ等
砂浜や干潟 – スナガニ、オサガニ、コメツキガニ、シオマネキ、アシハラガニ、ミナミコメツキガニ等
岩礁海岸 – イソガニ、イワガニ、オウギガニ、ショウジンガニ等
貝類等の体内 – オオシロピンノ、クロピンノ等
浅い海の砂泥底 – マメコブシガニ、キンセンガニ、ガザミ、アサヒガニ、ヘイケガニ、ケガニ等
浅い海の岩場 – イシガニ、ベニツケガニ、ニシノシマホウキガニ、オウギガニ、スベスベマンジュウガニ等
深海 – ズワイガニ、タカアシガニ、ユノハナガニ等

まつたけ

秋の味覚のひとつにマツタケがある。

マツタケ(松茸、Tricholoma matsutake(S.Ito et Imai) Sing.)はキシメジ科キシメジ属キシメジ亜属マツタケ節のキノコの一種。養分の少ない比較的乾燥した場所を好む。秋にアカマツの単相林のほか針葉樹が優占種となっている混合林の地上に生える。菌糸体の生育温度範囲は5-30℃、最適温度は22-25℃、最適pHは4.5-5.5であり、菌糸の成長速度は遅い。
その子実体はマツタケオールによる独特の強い香りを持ち、日本においては食用キノコの最高級品に位置付けられている。発生時期には地域差があり、高緯度の冷涼な地域での発生は、8月末頃から始まり九州などの比較的温暖な地域では、11月末頃まで発生する。梅雨頃に生える季節外れのマツタケはサマツ(早松)とも呼ばれ共に食用にされる。なお、マツタケの仲間にはよく似たキノコが多数確認されており、採集、分類、購入の際には十分注意を要する。しかしながらほとんどは食用で、日本国内では毒キノコは確認されていないため、マツタケ特有の香りがあれば食用可能と考えられる。

きのこ類は食べることで体中の免疫をコントルールする働きがとても強い食材なので、できればアレルギー体質の方には好んで食べてほしいといわれています。

マツタケは毎日食べるようなものではないですがほかのキノコ類ならば一年中店頭に並んでいるのでぜひ毎食食べてほしいと思いますが。

好き嫌いがあるかも!?

ぶどう

秋の味覚にぶどうがある。

葉は両側に切れ込みのある15 – 20cmほどの大きさで、穂状の花をつける。果実は緑または濃紫で、内部は淡緑であり、房状に生る。大きさは2 – 8cm程度の物が一般的である。ブドウ属の植物は数十種あり、北米、東アジアに多く、インド、中東、南アフリカにも自生種がある。日本の山野に分布する、ヤマブドウ、エビヅル、サンカクヅル(ギョウジャノミズ)もブドウ属の植物である。
現在、ワイン用、干しぶどう用または生食用に栽培されているブドウは、ペルシアやカフカスが原産のヴィニフェラ種(V. vinifera, 英 common grape vine)と、北アメリカのラブルスカ種(V. labrusca, 英 fox grape)である。
米がうるち米(食用)・酒米(酒造用)があるように、ブドウにも食用ブドウと酒造用ブドウがあり、食用はテーブルグレープ(table grapes)、酒造用はワイングレープ(wine grapes)と呼ばれている。

ブドウ品種の一覧も参照。また、ワイン用品種についてはワイン用葡萄品種の一覧項がある。
カルディナル
甲州
巨峰・種無し巨峰
藤みのり(藤稔)
紫玉
ピオーネ
あづましずく
ナガノパープル
高妻
紅瑞宝
紅伊豆
多摩ゆたか – 芦川考三郎によって作出された緑系ブドウ。
安芸クイーン
竜宝
コリンス
コールマン – コーカサス地方原産の黒系ブドウで、正式名はグロー・コールマン。日本では冬(11月から1月頃)に収穫される。
コンコード – グレープジュースで有名。
ブラックオリンピア
シャスラ
レッドグローブ(Red Globe)
リビエラ(Ribier)
クリムゾン・シードレス(Crimson Seedless)
トムソン・シードレス(Thompson Seedless)
サルタナ(Sultana) – レーズンで有名。トムソン・シードレスと同一種とされる。
マスカット・オブ・アレキサンドリア(Muscat of Alexandria)
マスカット・ベーリーA(Muscat Bailey A)
シャインマスカット
デラウェア
キャンベル・アーリー(Campbell Early)
瀬戸ジャイアンツ(桃太郎ブドウ)
ナイアガラ
ポートランド
スチューベン (Stuben)
旅路(タビジ)
甲斐路(カイジ)
ロザリオビアンコ (Rosario Bianco)
ロザリオロッソ (Rosario Rosso)
など。

落葉性高木で、高さ17m、幹の直径は80cm、あるいはそれ以上になる。樹皮は灰色で厚く、縦に深い裂け目を生じる。葉は長楕円形か長楕円状披針形、やや薄くてぱりぱりしている。表はつやがあり、裏はやや色が薄い。周囲には鋭く突き出した小さな鋸歯が並ぶ。
雌雄異花で、いずれも5月から6月に開花する。雄花は穂状で斜めに立ち上がり、全体にクリーム色を帯びた白で、個々の花は小さいものの目を引く。また、香りが強い。非常によく昆虫が集まる。ブナ科植物は風媒花で花が地味のものが多いが、クリやシイは虫媒花となっている。なお、この花の香りは芳香成分としてスペルミンを含むため、ヒトの精液の臭いに似た独特の香りを放つ。
一般に雌花は3個の子房を含み、受精した子房のみが肥大して果実となり、不受精のものはしいなとなる。9月から10月頃に実が成熟すると自然にいがのある殻斗が裂開して中から堅い果実(堅果であり種子ではない)が1 – 3個ずつ現れる。
果実は単にクリ(栗)、またはクリノミ(栗の実)と呼ばれ、普通は他のブナ科植物の果実であるドングリとは区別される(但し、ブナ科植物の果実の総称はドングリであり、広義にはドングリに含まれるとも言える)。また、毬状の殻斗に包まれていることからこの状態が毬果と呼ばれることもあるが、中にあるクリノミ自体が種子ではなく果実であるため誤りである。毬果とは、松かさのようなマツ綱植物の果実を指す。
<wikiより引用>

シャケ、アキアジ、イヌマス、シロザケ、サーモン、メジカ、トキシラズ、岩手では南部鼻曲り鮭、ブナ(いずれも河川に遡上したものを指す)。トキシラズ(時知らず)は産卵期以外の時期に取れる季節外れの鮭の呼称。産卵の為に栄養が疲弊していないので旬の物より旨いとも言われる。また「シャケ」に関しては、一説にはこの魚を「サケ」、それを食品用に加工したものを「シャケ」だという見解もある一方で、江戸時代の江戸では「はひふへほ・さしすせそ」の発音が苦手だった為、訛って「シャケ」になったという説もある[要出典](サケの語源については「サケ類」を参照のこと)。

親魚は川を上っている間、餌を取らない。オスはその間に体高が高くなり(背っぱり)、上下の両顎が伸びて曲がる(鼻曲がり)。産卵・放精後の親魚は、1ヶ月以上生きて産卵床を守るメスの個体もあるが、大半は数日以内に寿命が尽きて死ぬ。また、産卵期になると寿命が近く免疫力が低下するため、遡上中のみならず、まだ海中にいるものでも水カビ病に感染し上皮が白く変色することがある。個体によっては一見すると、まるで真っ白な別の魚のように見えることもある。
日本近海のサケの圧倒的多数は、安定した漁業資源確保のために北海道・東北地方を中心に人工的に採卵・放流される孵化場産シロザケが占める。稚魚の放流が行われず自然産卵のみのサイクルが維持されている河川も北海道、北陸、近畿地方にいくつか存在する。北海道沿岸の回帰率は概ね5%であるが本州太平洋側では3%本州日本海側では1%程度。
日本ではほぼ全ての個体が降海している。しかし実態が未解明であるイルクーツク州のバイカル湖やモンゴルのいくつかの湖沼等、極東地域とその周辺の冷水湖に陸封種が存在する可能性があるとする説もある。[要出典]人為的なものでは、中禅寺湖に移入されたシロザケは自然状態の淡水でオスが成熟したという記録がある。[要出典]また、飼育下では標津サーモン科学館が淡水でのメスの成熟にも成功し、次世代を得たことがあり、2009年には千歳サケのふるさと館が2例目の淡水でのメス成熟と産卵の成功例となった。
<wikiより引用>